シアリスジェネリック

シアリスジェネリック/バイアグラを超えるed治療薬

シアリスジェネリック

シアリスは「バイアグラ」「レビトラ」の後から販売された最新のed治療薬です。

 

最も新しい薬だけあって、「バイアグラ」「レビトラ」には無い特徴を持っています。

 

最も優れている点はその効果時間で、36時間もの間効果が持続するんです。

 

 

さらに優れている点は、食事の影響をほとんど受けないので、食事を楽しんでから服用することが出来るんです。

 

ここで、ジェネリックについて説明しましょう。

 

ジェネリック医薬品とは、新薬(先発薬)の特許期限が切れた後に、名前を変えて発売される同じ成分の後発薬のことを言います。

 

ジェネリックは最近では、日本のクリニックでも積極的に使用するようになり、テレビでもジェネリックの宣伝をしていますので、ご存じの方も多いと思いますが、つい数年前までは、ジェネリックの事を医師の間では、同じような成分の薬がぞろぞろ出てくることから「ゾロ」などと呼んでいました。

 

その後、医薬分業が進んで薬は薬剤師が担当するようになり、ジェネリックは先発品と同じ成分で同じ効果があり、値段が安い事を積極的にアピールするようになり、今日では、医師も進んでジェネリックを使用するようになっています。

 

これも医薬分業のおかげなのかもしれませんね。

 

精神的な疾患で良く使用される「デパス」などは、新薬ですと、1mgが1錠が13.4円ですが、ジェネリックを使用しますと、半額以下の6円で購入することができます。

 

このようにジェネリックはとても便利な薬ですが、通常はその先発品の特許が切れてからではないとジェネリックは製造・発売する事はできないのですが、シアリスは最近のED治療薬で、当然特許は切れていません。

 

ですが、シアリスのジェネリックの本物は実際に存在しており、流通されています。

 

どうしてなんだろうと言う疑問があろうかと思いますが、実はこれはインドの国の特許に関する法律が、他の国と2004年までは大きく違っていた事が原因で合法的にシアリスのジェネリックを作る事ができ、2004年にインドは他国を同じ特許の方法に法律を変えたのですが、特殊な追加条項が大きくこれを邪魔して、今でもインドでは合法的にシアリスのジェネリックを作る事ができるという訳なんです。

シアリスのジェネリックも結構発売されていて、いろんな種類があるようですが、ネットで出回っているシアリスのジェネリックの80%は「ニセモノだといわれていますので、慎重に購入しないと痛い目にあいます。

 

ネットで発売されているシアリスのジェネリックには、「ニセモノ」が多いので、注意が必用です、最近はシアリス100mg・200mgなどの薬が発売されていますが、これらは間違いなく「ニセモノ」ですので、購入してはいけません。

 

シアリス・シアリスジェネリックには10mgと20mgの2点以外はありません。

 

一般的に「ニセモノ」は極端に値段が安かったり、サイト運営者の所在がはっきりしないなどの特徴があります。

 

>>>シアリスジェネリックの詳細はこちら<<<

 

 

シアリスジェネリック副作用

シアリスジェネリックで、気になる副作用としては、頭痛と動悸があります。

 

頭痛に関しては、我慢できる程度ならいいのですが、我慢できないような頭痛の場合には、医師が言うには、鎮痛剤を併用してくださいなどと言っていますが、鎮痛剤を服用しながらシアリスを飲むのは、私はどうかと思います。

 

我慢できないような頭痛の場合には、やはり他のED治療薬、バイアグラ、レビトラ、アバナフィルなどに変更することをお勧めします。

 

 

動悸もやはり気になって、とてもセックスなどしている気分にはなりませんので、薬の変更がいいと思います。

 

実際の状況を調べてみますと、純正のシアリス・シアリスジェネリックを使用した場合に、このような酷い頭痛になる事はめったになく、だいたいがシアリスのニセモノを買ったために、有効成分以外の添加物が純正の物と違うのが原因で頭痛などになってしまっている人が多い様です。

 

シアリスジェネリックの副作用で最も言われるのが、顔の火照りや鼻づまり、身体が熱くなるなどです。

 

シアリスジェネリックは、他のED治療薬と同じで、血管拡張作用によって、勃起を促す仕組みになっています。

 

言い換えますと、隅々の血管まで十分に血液を送る事で、その作用の1つとして勃起があるという感じです。

 

ですので、毛細血管が多く走っている部分は赤く腫れ気味になるんです。

 

 

その作用のため、顔の火照り、鼻づまり、体の中が暖かくなる感じ、などの効果がでて、勃起には必用がありませんので、副作用と言う事になります。

 

ですが、理屈を分かっていたら、このような症状が出る事はごく自然で、この症状が出る事によって、シアリスが効いている事が確認できるのです。

 

これらの症状は一時的なもので体がすぐに順応してきますので、症状も収まります。

 

シアリスの良い副作用として、シアリスの場合には、36時間の効果が期待できるおかげで、24時間後にはもう一錠飲んでもいい事になっていますので、12時間程前日の薬の効果とその日の薬の効果が重なる時間があります。シアリスを、2日連続して飲みますと、有効成分の血中濃度が2日(48時間)の内に3回ピークがやってくることになります。

 

ですので、シアリス・シアリスジェネリックは、長期の旅行などには、いつでも効果が期待できる便利なED治療薬と言えます。

 

他のED治療薬ですと、効果が最大で8時間程しかありませんので、長期の旅行などでは、飲むタイミングを気にしなければいけません。

 

シアリス・シアリスジェネリックを土曜日の夕方飲みますと、月曜日の朝まで効果が続くことから、海外では「ウイークエンドピル」などと呼ばれています。

 

>>>シアリスジェネリックの詳細はこちら<<<

 

 

シアリスジェネリック通販

インターネットの普及に伴い、ネット経由の通信販売を利用して物品を購入する人が加速度的に増えています。

 

特にed治療薬や、育毛剤、シークレットゾーンをケアする薬などは、薬局において対面で購入する事に抵抗があることから、インターネット通販の購入品目の上位になっています。

 

たしかに、購入する薬が決まっている場合であれば、ネット通販で購入することによって、誰の目にも触れることなく自宅に商品が届く訳ですからね。

 

シアリスジェネリックをネットで購入する場合は、個人輸入で買う事になります。

 

個人輸入と言っても実際は薬を個人で輸入したことがある人なんて、そうはいないと思います。煩雑な書類に読めない言葉を相手ですから大変です。

 

ですが、個人輸入を代行してくれる会社が沢山存在いますので、自分で煩雑な作業をする必要はなく、通常のネットショッピングのように購入するだけです。

 

 

ただし、個人輸入代行業者の中には「ニセモノ」のシアリスジェネリックを平気で販売している業者がありますので、注意が必要です。

 

例えば、シアリスジェネリックには、10mgと20mgしかありませんので、100mgや200mgは完璧な「ニセモノ」ですが、ネット上ではあたかも「正規品」のように販売している業者が沢山あるんです。

 

製薬会社の調査によると、シアリスの個人輸入の約80%は「ニセモノ」であったなどの報告もあります。

 

シアリスジェネリックの偽薬を販売している業者の見分け方を紹介します。

 

 

正規のシアリス・シアリスジェネリックには、きちんとした原価があります。
ですので、ある程度決まった値段以上には安くはできません。

 

 

シアリスなどの薬を販売している業者に関わらず、ブランド品などを販売している業差にも共通していえる事ですが、クレジット決済ができません。
海外の商品を買おうと思って、クレジット決済ができない場合は、まず怪しいと思いましょう。
クレジット会社では、偽物を販売している業者にクレジット決済の許可を出しません。

 

 

ネットで通販をする場合には、必ず、会社名・住所。電話番号・販売方法・返品に関する事など販売会社の情報を公開しなければいけない事に法律でなっています。偽物を販売している業者はこのような情報は一切ありません。
会社名や住所だけ書いてあったとしても、その住所をネットで調べると、そんな会社が存在しない事がほとんどです。

 

以上の3点は偽物を販売している業者に共通したポイントですので、海外商品を購入するときには必ず気を付けて見ていて下さい。

 

ですので、安易な気持ちで安いから、強力そうだからとシアリスの偽物を買ってしまってはいけません。

 

当サイトでは、管理人が実際に使用して安全である事を確かめた業者をご紹介しています。

 

安全で間違いの無いシアリス・シアリスジェネリックをご購入したいのでしたら、必ず当サイトでご紹介している業者よりご購入下さい。

 

>>>シアリスジェネリックの詳細はこちら<<<

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ